メンバーズブログ 日々つれづれ

キラキラ 

2019.8.17 テーマ:メグミの風船

私は、音楽が好きだが、ミュージックの世界って、みんなキラキラしていると、思う。
歌詞もメロディーも、独特の感性で、キラキラしていると、感じませんか?
解りやすいところでは、松任谷由実さんなど、カラーテレビのように、カラフルで、
いろんなメロディーを、聞かせてくれる。ステージのど派手な衣裳や、舞台装置だけでは
なく、CDを聞いていても、色が浮かんでくるような、華やかさだ。
後、スーパーフライの楽曲でも、色を感じる。圧倒的な歌唱力で、聞くものを引き付ける
が、歌詞やメロディーもカラフルなきがする。
宇多田ヒカルも、控えめなから、パステルカラーのような色を感じる。「サクラドロップス」
なども、色をかんじませんか?
ドリカムもカラフルな気がする。一応サリュのブログなので、女性のアーティストを、
あげたが、男性のアーティストでも、キラキラしている人も大勢いる。
しかし、女性の感性を、私は大切にしたい。もちろん、アレンジが男性だったり、伴奏が男性だったり、しているので、完全にいろんなイメージが沸くのであって、やはり女性の力って、凄いと思う。メグミ

  • チェック

終ったよ。夏祭り

2019.8.09 テーマ:

終ったよ、夏祭り
涼3日間にわたるサリュの夏祭り、セールが終った。初日は、私も知りませんが、割合静かな
感じだったそう。土曜日も私は、お客さんとして、サリュへ行ったが、暑くて着いたら、2,3人のお客さんと、一通り店舗を見て、これが良いとか、安くなってるとか、小声で姉と囁き合いながら、結局七宝は買わずに、スタッフの向井さんが、薦めて下さったバックを、
姉が買った。ワークショップも、人気で、大人の方からお子さんまで、体験されたらしい。
日曜日の夏祭りも、残念ながら私は、お手伝い出来なかったのですが、大盛況だったとの事。子どもさんがチラシについている、サービス券を持って殺到、焼きマシュマロは、完売。商品も縫物や七宝を問わず、よく売れたらしい。お手伝いしたかったなぁ。肝心のビールも、ちょこちょこ飲んでいる人も、見かけたとのこと。暑い夏、サリュの夏祭りやセール、でんでもらえたかな?店の前のカラー提灯もなんかノスタルジックで、良かった。
メグミ

  • チェック

キラキラ

2019.7.23 テーマ:メグミの風船

私は、音楽が好きだが、ミュージックの世界って、みんなキラキラしていると、思う。
歌詞もメロディーも、独特の感性で、キラキラしていると、感じませんか?
解りやすいところでは、松任谷由実さんなど、カラーテレビのように、カラフルで、
いろんなメロディーを、聞かせてくれる。ステージのど派手な衣裳や、舞台装置だけでは
なく、CDを聞いていても、色が浮かんでくるような、華やかさだ。
後、スーパーフライの楽曲でも、色を感じる。圧倒的な歌唱力で、聞くものを引き付ける
が、歌詞やメロディーもカラフルなきがする。
宇多田ヒカルも、控えめなから、パステルカラーのような色を感じる。「サクラドロップス」
なども、色をかんじませんか?
ドリカムもカラフルな気がする。一応サリュのブログなので、女性のアーティストを、
あげたが、男性のアーティストでも、キラキラしている人も大勢いる。
しかし、女性の感性を、私は大切にしたい。もちろん、アレンジが男性だったり、伴奏が男性だったり、しているので、完全に女性だけの楽曲など、ありえない。女性のアーティストが、みんな魅力的だから、男性もいろんなイメージが沸くのであって、やはり女性の力って、凄いと思う。メグミ

  • チェック

2019.7.20 テーマ:

サマーセール2019開催
みなさん、なんか、ムシムシとした梅雨空が、続いているこのごろ、いかがお過ごしですか?これが、過ぎたら、夏、やってきますよ。サリュでは、8月2。3.4日、サマーセールを、する。夏まつりみたいなもので、
お昼間から、ビールを飲んでもらいつつ、おつまみも売るのである。
子どもや甘党の人には、カキ氷、デザートもある。
勿論、店の商品も、在庫品、大幅値下げ、正規品10%~30%off。、もあり、
充実したセール内容だ。サリュの夏祭りということで、店の軒には、カラフルな提灯が、飾られたり、その下には、
夏の鉢植えが、置かれる予定だ。ワークショップもするし、今回、夏休みということもあって、子供向けのワークショップも用意されている。
4日の日曜日のみ、サリュのある通りの角にある、高橋整形医院のガレージをお借りして、
ヨーヨーつり、焼きマシュマロ、綿菓子、フランクフルト、たこせん、などの出店も
出す予定である。
、これだけ聞いても、楽しいサマーセールだとわかると思う。皆さんぜひ、サリュに
遊びに、来たくなること、請け合い。メグミ

  • チェック

サリュのスタッフ3

2019.7.11 テーマ:メグミの風船

サリュのスタッフで、忙しく取材を、出来なかった佐藤さんと津田さんが、取材を許可して
下さった。どうせなら、すべてのスタッフさんの事を書きたい。
津田さんは、30代で、既婚、小学生の女の子を持つ、若手スタッフさんだ。
大学で、社会福祉学を学び、新卒でサリュに、就職したシンプルかつ正統派の女性です。
幼い頃、お爺さんやお婆さんによく面倒を見てもらっていて、老人福祉の世界に、
興味を持っていたのが、今の津田さんの生き方のきっかけだったとの事。学生時代、福祉施設で、ボランテァアやアルバイトを、していたとの事。
もう10年位、サリュに在勤しておられるが、細かな作業が、ずうーっと好きだったという
要因もあるのかも知れない。
佐藤さんは、比較的最近入った、スタッフさんで、武藤さんとほぼ同期くらいだと、思う。
精華大学で、染色やテキスタイルデザインを、学ぶ。笑顔の素敵な人だ。
卒業後、すぐに結婚。5年後に男の子を授かるが、それまでは、独立した夫さんの、
仕事を手伝って、おられたらしい。その後、京都医療センターで、案内員のお仕事を
されていた事がある。1年位だったらしい。そして、お友達に、「本代とか交通費くらいは、自分で働いて、使えるほうが良いじゃない」と言われ、身体や知的に障害を持つ、あるいは発達障害の子どもたちを、放課後預る
福祉の仕事に就かれた。ご本人は、楽しかったといわれる。子どもが、好きだからとの事。
3年位、働かれた。
ざっとこんな経験を経て、サリュでお勤めされているスタッフの方々、いつもお疲れ様です。私もスタッフさんの経歴を、聞かせていただいて、良い勉強に、なりました。
私は、昔父に、「あんたは、福祉やらなあかんは!」と叱られた事があるが、そんな私が、
今回の取材で、人生に体当たりしているスタッフさん達の、お話面白かったです。メグミ


  • チェック

↑上に戻る

画像一覧
桜とサリュ カナコマ vol.3 「食欲のサリュ  たんかん編」 防災訓練と表彰状 クレアさんからの便り カナコマ vol.2 「おみくじ おみくじ」 「カナコマ」始まるみたいです...