メンバーズブログ 日々つれづれ

カテゴリー:メグミの風船のブログ一覧

サリュセール開催中

2020.3.21 テーマ:メグミの風船

3月に入って、サリュは華やいでいる。9日~31日まで、大大的にセールを、開催している。最初は、例年通りサンクスセール3日間、飲食やワークショップもやる予定だったが、コロナウイルスの影響で無くなり、最大60%OFFなど破格の値段で、可愛いサリュの製品が手に入る。店はカラフルな作品でいっぱいで、縫物も素敵な製品で目白押しだ。 私の恩人や知人も買いに来て下さっている。みんな楽しいと、言ってくださっている…

  • チェック

サリュの沖縄旅行について思うこと

2020.3.19 テーマ:メグミの風船

今回、泊まりでサリュから、旅行に初めて行ってみて、少し感想を、述べたい。 今まで、日帰りでしか企画されなかった、サリュの旅行。2泊3日で初の試み。 まず、小寺さんが、主に企画して下さり、感謝しています。私達は、病気を持っていて、 私の場合、旅行などとても無理と、思っていました。何時しんどくなるか解らない人達を連れて、沖縄まで行かれたスタッフのみなさんに、感謝です。小雨降る中、県立博物館で 沖縄の昔…

  • チェック

沖縄旅行No.2

2020.3.07 テーマ:メグミの風船

1日目、あんなに疲れていたのに、私は脳が興奮していたのか、ホテルで一睡もできなかった。ずーっとテレビをつけて、地元の紅芋タルトのコマーシャルの番組がかかっていて、 それを、見ていた。それでも2日目は、朝から、高速バスに乗り、美ら海水族館に行く予定をして下さっていたので、予定通りホテルのロビーに7時に、行った。みんな来ていた。ちょっとしたミーティングを、ロビーでして、少し歩いて高速バスに乗った。小…

  • チェック

行って着ました!沖縄旅行No.1

2020.3.05 テーマ:メグミの風船

とうとう、皆と一緒の沖縄旅行16~18日まで、行ってきました。京都駅中央口に朝9時に、スタッフを入れて12名集まり、キティちゃん柄のはるかに乗り、先ずは関西空港へ。関空って凄いよと聞いていたので、ハードルを上げて、ついてみたら、なんか普通の空港ではないか。国際線が、めっちゃカッコいいのかな。なんかだだ広くて、迷いそうだった。少し関空でゆっくりした時間を過ごし、ジェットスターで、いざ那覇へ。 飛行機…

  • チェック

2020.2.13 テーマ:メグミの風船

夢と言っても、眠っている時に見る夢の話だ。もう20年位前、作られたような、タイムリーなドラマみたいな夢を、見た時期もあった。友達と出かける前の日に、その友達と、DCブランドのお店で、働いていて、遊びみたいに、楽しんでいる夢とか。もうぼんやりとしか、覚えていないのだが、カラーで、いろんな夢を、見ていた。 10年位前は、図書館に行って大学時代の友人と勉強していたり、している夢を見ていた。 卒論を実際…

  • チェック

沖縄旅行開始

2020.2.06 テーマ:メグミの風船

サリュから「沖縄へ行こう」という話が持ち上がったのは、一昨年前の忘年会の事。「プラスOne.Day沖縄」というタイトルを掲げて沖縄に行く為に、1日働く日を増やし、積み立てたお金でという、企画がスタッフの小寺さんからあった。 なんか夢みたいと思っていたら、今年2月16日から、実現する。2泊3日スケジュールは、ツメツメだ。この3日間で、どれだけ沖縄を知る事ができるか、私達とスタッフさん達が、一生懸命考…

  • チェック

2020年サリュコーラス隊またまた優勝

2020.2.01 テーマ:メグミの風船

以前、サリュコーラス隊のことを、取り上げたが、今年は生の歌声を聴きに、「ガレリア亀岡」まで、私は応援に行った。恒例の京家連主催の年に1度のコンテストの為に。なんと、6作業所しか、出場しなかった。他の作業所も今年は選曲も良く、一曲に出演する人数も14名とか20人とか多い中、サリュはたった6名と少なく、苦戦だなぁと何かドキドキして、会場に座った。 他の作業所は、「誕生日」とか。これは10チャンネルで7…

  • チェック

スポーツウーマン

2020.1.21 テーマ:メグミの風船

私は何故か、一見スポーツウーマンに、見られる。体格もガッチリとして、ボーリングの ピンをがらがらと、パンと倒してしまいそう。と言われた事がある。幼い頃も、ソフトボールに誘われたりしていた。ところが、それがスポーツ全然出来ないの。いつも負けてばかりで、まったく面白くない。大人になってからも、テニスに憧れ、スクールに通ったが、 上手くならなかった。どちらかと言えば、文科系で本を読んだり、映画を観たりす…

  • チェック

N君のその後

2020.1.18 テーマ:メグミの風船

以前、インテリというタイトルで、紹介したN君だが、去年の12月8日で、24歳になった。彼は、私のブログを読んで、「かいかぶりですよ」と言っていたのだが、 なんといっていいのか、この若さで、あのさわやかさは、どこかへ消え去り、ただの鬱の おじさんに、なってしまった。ジャズもお洒落だな、くらいではなく、オタク的な要素も感じられ、見た目は、そんなに変わっていないのだが、初め感じたアカデミックなイメージも…

  • チェック

生地の変遷

2020.1.14 テーマ:メグミの風船

私は、随分前、ミシンに挑戦していた時期があった。その頃、生地はなんかBonheurといって、少しモダンな柄、と和ccaと言う和柄のものが、あった。今も幾何学模様のようなもの、動物柄のもの、和柄のもの、花柄や洋ナシ柄リンゴやバナナ柄などあり、nui-monoと一括されている。面白いのは、キャンプしているテントの柄が、入ってきている事かな。長く取り扱うものと完売して、無くなってしまうものとがある。でも…

  • チェック

暖冬

2020.1.10 テーマ:メグミの風船

今年の冬は、暖かいですね。私が幼かった頃、脚に霜焼けができて、困ったものです。10年位前でも、お正月前後は、凍えるような寒さだったような気がします。 手袋も売れ行き悪いそうですよ。京の底冷えと言って、なんか冬はき~んと寒い位が、 いいのかな?これも温暖化の影響ですかね。サリュは、良い感じで暖房きいてて、暖かいよ。夏は、暑くなるのか、と思いきや、昨年の夏、比較的涼しかったような。 これ以上、暖かくは…

  • チェック

初春

2020.1.09 テーマ:メグミの風船

皆さん、明けましておめでとうございます。今年も、あけました。例年どうり私も、 お正月らしいお正月を、おくりました。初詣ももちろん行きましたし、お餅も食べて すっかり、さぼり癖がついて、今週の月曜から、始まったサリュに来るの、メッチャ 緊張しました。また、午前3時くらいから、起きて休み休み、用事を済ませて、姉が 入浴しないと、洗濯が出来ないので、それを待ちつつ、アイコスをくゆらせていました。 7時く…

  • チェック

姉について

2019.12.13 テーマ:メグミの風船

私には、ふたつ上の姉がいる。以前にも書いたことが、あるかも知れないが。 私が今、こうして息をしているのは、その姉のお陰である。 どんな時も、わたしを見捨てず、支えてくれた姉。私の宝物だ。 生まれ持った気品や聡明さ、知恵があり、幼い頃から、私の憧れだった。 今も、独身で大学の事務をしているが、今年度から、課長に昇進した。 なんか聞こえは良いが、めちゃくちゃ忙しく、難しい仕事をしている らしい。いつも…

  • チェック

食べる事について

2019.12.07 テーマ:メグミの風船

私は食べる事が、大好きだ。食べないでいると具合が悪くなる。 例えば、ダイエットするとする。少し痩せたかな?くらいになると、 幻聴が聞こえて、ますます食べられなくなる。それも、セクハラチックな 嫌な幻聴だ。そして、それが続くと、食べるのを止める幻聴が、聞こえ出す。 お菓子が目に付いたら、それは気持ち悪い食べ物だとか、お腹すいても、 食べれないような無理難題を、持ち出し私を苦しめる。なんか今くらい 太…

  • チェック

ストロー

2019.11.30 テーマ:メグミの風船

何故か私は、ストローが好きだ。時々、カフェに入ってジュースなどを 頼んだとき、ストローの付いていない場合がある。メッチャ激怒するのだが、 グラスに直接、口をつけるのが嫌だったたり、ストローでちびりちびり コーヒーやジュースを飲むのが、習慣になっているところもあるのかな。 あの透明な管を、伝ってジュースが口に運ばれていくのが、子どもの 頃から、好きだった。それも太い黒いのより、細くて透明で、途中で…

  • チェック

年の瀬

2019.11.29 テーマ:メグミの風船

とうとう12月が、やって来る。暑い暑い夏が、やっと過ぎ、涼しく なったと思ったら、台風が来て、もう12月。なんか、早いな。 この1年どうして過ごしたか、思い出せない。良い事も、あったような、別に無かったような、日常に埋もれて、判別できない。嫌な事は、忘れ良いことだけ、思い出す努力してみる。N君と話せたし、今日も素敵な女性と話せたし、毎日、美味しい物も食べてるし、 正常に暮らせているというだけで、幸…

  • チェック

深まりゆく秋

2019.11.19 テーマ:メグミの風船

深まりゆく秋 やっと涼しくなったと思ったら、もう冬。11月も後半です。 今年は、寒いというより、暖かな日が多く、今一紅葉も、 色付きが、悪い気もします。何かきゅっと、寒くなると、 木々の葉も、かぁーと赤くなるらしいですよ。 まあ、あまり寒くても困るので、秋らしい日々が、続くと良い ですね。しかし、秋と言えば、栗、柿、松茸など、美味しい物 が旬となり、食事が美味しい時期ですね。 芸術の秋ということで…

  • チェック

プライバシー

2019.11.12 テーマ:メグミの風船

私の病気は、被害妄想も含んでいる。何故か、道ゆく人全てに、知られているような気がしたり、良い意味ではなく、トイレやお風呂の中まで、見られている気がするときがある。 つまりはプライバシーが無い気がする。主治医に言っても、なんかお茶を濁されたかんじで、はっきりとは、何も言わない。私は今、服薬無しでは、生きていられない。これで、 随分症状が、押さえられている気もする。今、これを、打っていたら、何故か幻聴…

  • チェック

美術館に行きたい

2019.11.08 テーマ:メグミの風船

今、京都文化博物館で開催されている、アルフォンス・ミュシャの展覧会に行ってきた。私は、以前にも書いたが、病気になってから頭が錯乱し、芸術全般に興味を持つようになった。美術もそのひとつで、作品が頭に沁みるかんじがした。症状が治まってる今は、客観的にすーと観られる。 ミュシャは、久しぶりで、圧倒的な華麗さに、感激した。アールヌーボーの象徴のような 人だが、流麗な巻き毛、衣裳、何回見ても、美しい。ポスタ…

  • チェック

台風19号の被災地について

2019.10.26 テーマ:メグミの風船

秋も深まりつつある、今日この頃、来ましたね、台風。近畿は何とか通過しましたが、 長野県を初め、東北、福島県など、酷い被害を蒙りましたね。 新幹線が半身、濁流に浸かっている光景は、唖然としました。家は川が決壊して、 流されるは、構想マンションの一階か浸かって、上の階まで停電し、エレベーター がとまり、何十階と歩く事になったり、勿論お亡くなりになった方、行方不明の方、 何が起こるか解ったものじゃないで…

  • チェック

ココルームbyかなよさん

2019.10.17 テーマ:メグミの風船

詩人で、いつもサリュでお世話になっている、上田かなよさんの経営するカフェ&ゲストハウスに、 みんなで行ってきた。場所は、大阪釜ケ崎。あまり行った事のない場所だ。 最初、どんな所だろうと、ワクワクしていたのだが、行ってみたら、なんと 自然感満載のオープンテラスで、ランチは京都のおばんざいみたいなお料理で、 少し驚いた。広いお庭があって、ユーカリの木、バナナの木、イチジクの木、 竹(日本のではない)、…

  • チェック

インテリ

2019.10.05 テーマ:メグミの風船

最近知り合ったN君は、軽い鬱だが、京大の院生だ。休学中だということだが、 精神疾患を持つ人々を、研究材料にしたいということだ。サリュに通ってない時、 ゆっくりさせてもらっている、ある居場所でしりあった。彼は、ジャズを愛し、人間を 愛し、病気と闘っている。お酒や女性にだらしなくなく、さわやかな青年だ。 彼がいると、何故か人が集まってくる。全人格を、受け入れるわけではないが、誰をも 否定しない。まだ2…

  • チェック

サリュコーラス隊

2019.9.28 テーマ:メグミの風船

サリュには、8年程前から、コーラス隊というものがある。月に1度、サリュ内で水曜の午後、先生が来られ、練習している。どんな選曲かというと、「赤いスイートピー」やら 「花が咲く」などに始まって、マッキーの「遠く遠く」最近では、「ケセラセラ」など、いろんな曲を、練習している。毎年、京都精神保健福祉推進課族会連合会なる機関で、 コーラスのコンテストがあるが、ここ何年かは、サリュが優勝に輝いている。 まず、…

  • チェック

摂食障害をのりこえて。鈴木こころ讃

2019.9.24 テーマ:メグミの風船

先日の日曜、サリュカレッジが、開かれた。今回は、愛媛県から、鈴木こころさんと言う女性が招かれた。自身の摂食障害について、勇気を持って、語ってくださるということだ。 ここでも、それについて、紹介したい。こころさんは、六人家族の長女で、物心ついたころから、世間体をきにしつつ、大人の顔色を見て行動するような、子どもさんだったという。 こころさんは、何度も、ピエロ役をして、と述べられ、家庭の中でも、気を遣…

  • チェック

秋が来た

2019.9.19 テーマ:メグミの風船

やっと待望の秋が、来た。あのしんどかった夏も、先ごろでは、朝夕過ごし易くなり、 行ってしまうのか。私的には、大変嬉しい。秋と言えば、芸術の秋、食欲の秋、色々 あるが、食いしん坊だった昔の私とは違って、あまり食欲は、無い。 芸術の方は、頭がパーで、今一冴えない。とはいえ、良い展覧会があれば、行きたい気持ちで、いっぱいだ。音楽も聴きたい。フランスにヴァネッサ・パラディという、モデル兼歌手の女性がいるが…

  • チェック

縁プロジェクト、アート、まち、はたらく

2019.9.10 テーマ:メグミの風船

8月の終わりから、9月の初めにかけて、サリュは滋賀にある、やまなみ工房さんなる 障害者がアート作品を生み出す社会福祉法人とコラボして、七宝作品などを、京都の町家カフェなどで、販売展示された。私達もそのカフェを訪れ、作品を観に行った。 アイタルガボンは、いたるところ作品が、展示され、可愛いなぁ。こんな絵に囲まれて、素敵だなぁと、感じた。サリュの七宝も、とっても絵と合っていて、可愛かった。イタリアンな…

  • チェック

2019.8.24 テーマ:メグミの風船

岸田劉生展に出店 サリュでは、この程東京で開催される、岸田劉生の展覧会のミュージアムショップで、サリュの七宝製品を置きたいと、オファーがかかり、その製品を製作中だ。 岸田の作品から、イメージした色合いのブローチやピアス、岸田の作品は少し暗いイメージがあるので、墨色の釉薬を使用した下地に、鮮やかな色合いのストライプとか、シックでめりはりのある、作品が目を引く。ドットの製品も今までに無かったような、深…

  • チェック

キラキラ 

2019.8.17 テーマ:メグミの風船

私は、音楽が好きだが、ミュージックの世界って、みんなキラキラしていると、思う。 歌詞もメロディーも、独特の感性で、キラキラしていると、感じませんか? 解りやすいところでは、松任谷由実さんなど、カラーテレビのように、カラフルで、 いろんなメロディーを、聞かせてくれる。ステージのど派手な衣裳や、舞台装置だけでは なく、CDを聞いていても、色が浮かんでくるような、華やかさだ。 後、スーパーフライの楽曲で…

  • チェック

キラキラ

2019.7.23 テーマ:メグミの風船

私は、音楽が好きだが、ミュージックの世界って、みんなキラキラしていると、思う。 歌詞もメロディーも、独特の感性で、キラキラしていると、感じませんか? 解りやすいところでは、松任谷由実さんなど、カラーテレビのように、カラフルで、 いろんなメロディーを、聞かせてくれる。ステージのど派手な衣裳や、舞台装置だけでは なく、CDを聞いていても、色が浮かんでくるような、華やかさだ。 後、スーパーフライの楽曲で…

  • チェック

サリュのスタッフ3

2019.7.11 テーマ:メグミの風船

サリュのスタッフで、忙しく取材を、出来なかった佐藤さんと津田さんが、取材を許可して 下さった。どうせなら、すべてのスタッフさんの事を書きたい。 津田さんは、30代で、既婚、小学生の女の子を持つ、若手スタッフさんだ。 大学で、社会福祉学を学び、新卒でサリュに、就職したシンプルかつ正統派の女性です。 幼い頃、お爺さんやお婆さんによく面倒を見てもらっていて、老人福祉の世界に、 興味を持っていたのが、今の…

  • チェック

2019.6.20 テーマ:メグミの風船

サリュのスタッフのどういう所が、魅力的なのか、書きたい。それで、新たに3人の 方に、取材を試みた。まず、サリュで、30代ママさんパワーを発揮しておられる、 綺麗で可愛い向井さんの事から。彼女は、理系出身で、お野菜の 研究を、されていたそう。やはり、就職できなくて、単身沖縄に行っていた事が、 あられる。そして、帰ってきたら、眼科の助手の仕事に、行き着き、8年務められた。前任のサリュ所長とは、眼科時…

  • チェック

続可愛いお婆ちゃんになりたい

2019.5.28 テーマ:メグミの風船

私が魅力的だと感じた、花さんのことを書きたい。彼女は70代のお婆ちゃんだ。 しかし、そう呼ぶのは、失礼な位美しい。肌とか顔立ちだけではない。 花さんは、子どもの頃はやんちゃな方で、ドッチボールや水泳が好きな、お茶目 な子どもだったそう。 ところが、中学に入った頃から、上級生がみんなすごく大人に見えて、今でいう ヤンキーのような気がして、おしとやかな花さんに、変貌する。華道や茶道を 習い、絵を描い…

  • チェック

可愛いお婆ちゃんになりたい

2019.5.25 テーマ:メグミの風船

人間、歳を重ねていくものである。誰しも歳を取らない人などいない。 問題は、どう歳を取るか、である。サリュのメンバーも10代から60代まで、 幅広くいるが、なんとか大きなトラブルを起こさず、日々流れている。 私は、25歳で発病し、結婚も出産も、一度もせず、今に至っている。 それ故、25歳位で、精神年齢が、止まっている。別に若作りしている 訳でもなく、お肌の衰えも日々感じながら、それでもどこか幼い。…

  • チェック

防災訓練と表彰状

2019.3.26 テーマ:メグミの風船

サリュは、5年程前から、いつ来るか解らない、災害に備えて、防災訓練なるものを、 積極的に行って来た。年2回、災害に遭われたかたのお話を、うかがいに行ったり、 防災手帳をくばり、どんな食品を、備蓄しておいたら良いか、何処に避難したら良いか、 どんな物を持って逃げたら、良いか?メモしたり、してきた。 消火器の使い方や実際に台風や地震、火事などがおきた時の逃げ方、靴は履かないで、スリッパのままでも、早…

  • チェック

終ったよ、サンクスセール

2019.3.19 テーマ:メグミの風船

予告でも、お知らせしたように、サンクスセールが、8日~10日まで。サリュで、 開催された。初日、私は仕事ではなく、お客として、サリュに来た。 3年前から、お世話になっている方が、サリュの近くに、住まわれていて、是非、 お買い物したいと、以前から言われていて、朝一番に、お店に来られた。私もその時間に 来て、落ち合った。その方は、ちゃんと下見に来られていて、幾つか欲しい物を、 チェックされていて、人で…

  • チェック

かわいい来訪者

2019.3.12 テーマ:メグミの風船

先日から、サリュに佛教大学から、2人の、実習生さんが、来ました。 2月12日から2月27日までの8日間でした。SさんとOさんです。 Sさんは、主にミシンサポーターの仕事を、お手伝いして下さいました。スタッフに苛められてな~いとか、、とか、聞いてみたのですが、 感想を聞くと、メンバーさんの集中力が続くのが、すごいなぁ、という事 でした。やってみて、バイトよりエネルギーを使うとも、言ってられました。 …

  • チェック

クレアさんからの便り

2019.2.19 テーマ:メグミの風船

先日、クレアさんから、<たんかん>と今、沖縄で咲いている桜を戴いたお話を、 ブログに書いたが、沖縄では、今桜が満開なのだそう。 後藤所長のスマホに、クレアさんから、追って桜の咲いている写メールを、送って 下さったのだそう。見せていただいたら、それは、綺麗な桜のお花。 南国の桜らしく、少し、そめいよしのより、花びらも大きく、色も濃い。 桜の花弁もしっかりしていて、桜の儚さより、少し力さよさ感じる。…

  • チェック

サリュの製品

2019.2.14 テーマ:メグミの風船

サリュの製品は、可愛い。私だけではなく、見る人すべて、 そういって下さる。それは、センスの良いデザインをするスタッフがいるとか、そうゆう事も含めて、作り手にも、要因があるきがする。 20代から60代の精神を病む女性が、主となって、ものづくりをしているわけだが、精神を病むに至る過程は、人それぞれだが、 一般に精神が、デリケートな人の方が、なりやすい気がする。 そうゆうおとなしい、女性が、病があるから…

  • チェック

メグミの風船

2019.2.05 テーマ:メグミの風船

今まで書いてきた、私のブログは、ネタ帳を作ったりしたわけではなく、 予め原稿を作ったわけでもなく、その時に頭に浮かんだ風船みたいなものを、 文章にしてきたものです。大きく膨らんだ風船は、手を離すと、気まぐれ に、飛んでいってしまうようなものですが、少しは心に留めていただければ、 幸いです。 また、色とりどりの綺麗な風船が、膨らんできたら、ブログを書きたい とおもいます。…

  • チェック

春の風

2019.1.29 テーマ:メグミの風船

ある日、サリュに春が、やって来た。いつもお世話になっているYさんの奥様クレアさんから、 素敵な贈り物が、届いた。 クレアさんは、沖縄に今住んでおられると聞くと、暖かく海の側で、 ゆっくり楽しんでおられる気がする。メグミは、羨ましい。 そのクレアさんが、先日<たんかん>なるみかんの ような八朔のようなものを、サリュに送ってくださった。 食べてみたら、甘いのにさっぱりとしていて、沖縄の太陽をたっぷりと…

  • チェック

お、し、ご、と。

2019.1.29 テーマ:メグミの風船

私メグミが、ブログを離れて、数年が経ちます。その間、あった事を、少し書きたい と思います。サリュがB型事業所に、移行して久しいですが、作業所時代を 知ってる私は、なかなか変わり行くサリュに、ついて行けず、日々を過ごして しまっていました。この数年、やっとお仕事って何かが、解ってきたきがします。 まず、私が朝から来て、取合えず1時間半作業をすること、つまみや、ミシンサポート の仕事など、一通りやっ…

  • チェック

↑上に戻る

画像一覧
沖縄旅行No.2 美術館に行きたい